必要な書類が業者によって違うのはなぜですか?

業者によって必要な書類なども変わってきます。キャッシングを利用する前に、最低限必要となる書類は何なのかを把握じ、事前に準備しておきましょう。

必要な書類が業者によって違うのはなぜでしょうか?

Q

キャッシングを利用したいと思っているのですが、必要な書類が業者によって違うようで、どう準備をしようか迷っています。なぜ必要な書類が業者によって違うのでしょうか?



A

必要な書類が違う理由



消費者金融での必要書類といいますと、基本的に運転免許証か健康保険証、パスポートなどの身分証明書があれば問題ありません。これらの書類がなぜ必要なのか?といえば、本人確認をするためとなります。申込者と本人が本当に一致しているのかどうかを見極めるために必要な上、正式な住所を調べるためといった要素も含まれています。また、運転免許証には顔写真がついていますので、本人確認として最も優れた身分証明書と言えるでしょう。住民票は一見正式な身分証明書となっていますが、これは取得したい方の名前と住所がわかり、ハンコさえあれば誰でも取得することができますので、消費者金融では敬遠される傾向があるのも事実です。また、住民票を身分証明書として提示するということは、健康保険に入っていないことがわかってしまいます。消費者金融からすれば、健康保険に入ってないほどお金に余裕がないのか?という疑念を持たれることになり、もしこの人が病気になったら大変なことになる...という予測ができますので、住民票だけの身分証明書は嫌がられるケースが多いです。消費者金融で50万円までの融資の場合でしたら収入証明は必要ないのですが、50万円以上の融資が必要となった場合には、やはり収入証明が必要となってきます。なぜ50万円までは不必要で、50万円以上が必要なのか?といいますと、50万円までは申告のした年収を信用して融資しますが、50万円以上になってしまうと、もし貸し倒れた場合に損害が大きくなるため、申告した年収が本当に正しいかどうかを調べるために必要なのです。収入を証明する書類は「給料明細書」や「源泉徴収票」、「納税証明書」の3つとなっています。